決済タイプについて「有効性・仮売上・実売上・仮実同時」

フォローする

 

 

カードの有効性をチェックする機能(カードに問題がないかの確認機能)で、エラーの対象になっていないことを確認するためのシステムになります。                        

有効性決済を行った場合、0円決済となり、売上計上・請求は行われません。

 

 

 

仮売上は、決済時にカードの有効性をチェックし、与信枠の確保を行うトランザクションです。

※売上を確保するためには実売上処理が必要となります。

 

仮売上データはカード会社にて、実売上処理が行われるまで保存されます。ただし仮売上データの保存期間は、カード会社によって異なりますが、おおよそ30日から90日となります。この期間を過ぎると、実売上処理を適正に反映させる事ができない可能性がございます。

 

 

 

実売上は、仮売上の決済に対して実際に課金を行い、売上を確保するトランザクションです。
仮売上を確定させるには、必ず実売上処理をする必要があり、実売上処理が行われていない仮売上の売上は確保されません。
仮売上と実売上を別々に行った場合の売上処理日は、実売上処理を行った日になります。

 

 

 

仮売上/実売上同時処理のことを指し、仮売上と実売上を一回の決済で同時に行うトランザクションです。
実売上が同時に行われますので、管理画面上からの実売上処理の必要はありません。また、売上処理日と決済処理日は同一となります。

 

コメント

Powered by Zendesk